バイト・アルバイト・パート情報の検索なら「あいわーく」大阪の仕事の求人情報を探すことができます。
求人を掲載したい場合も低価格の広告費でOK!

06-4256-7723

書類や返事を送る

トップページ > 書類や返事の送り方

履歴書を郵送で送る場合の封筒の選び方・封筒の書き方についてと、メールで応募先に返信を送る際のマナーについて見ておこう。→メールで問い合わせや返信をする場合。

封筒のサイズを選ぶ

履歴書を郵送する時に入れる封筒は折らずに入るサイズを選ぼう。市販の履歴書についている封筒だと三つ折りにして入れることになり、読む側にとってもかさばって扱いづらいと感じる人もいます。丁寧に書いた書類ですので、きれいなまま受け取ってもらいたいですね。封筒の色は白の封筒で送るのが一般的。

封筒のサイズと書類の入れ方

履歴書サイズ 封筒サイズ 書類の入れ方
A4(A3の2つ折り) 角形2号(定形外) A4サイズがそのまま入る
  長形3号(定形) A4サイズを三つ折りにして入れる
B5(B4の2つ折り) 角形3号(定形外) B5サイズがそのまま入る
  長形4号(定形) B5サイズを三つ折りにして入れる

切手の料金

定形郵便物と定形外郵便物はそれぞれ重さによっても料金が変わるので、重さがわからない場合は 郵便局の窓口から送付すると確実に適切な料金を貼って送ることができます。 >> 郵便料金を調べる


履歴書の三つ折り方法

履歴書を封筒に入れる時の三つ折り方法

封筒の書き方

封筒の書き方の基本

・黒の油性ペンで記入する。   ・縦書きで書く。
・省略せず正式名称で記入。  ・間違えた場合は始めから書き直す。


封筒の書き方の基本 表側

1.郵便番号・住所

郵便番号の赤枠が無い場合は「○○○−○○○○」のようにハイフンを付けて記入。送り先の郵便番号は先頭に「〒」マークを付けない方が読み取りやすいようです。
住所は都道府県や番地を省略せず、縦書きの数字は漢数字で記入。二行になる場合は二行目の行頭を下にずらして書く。


2.宛名

会社名は(株)と省略せず「株式会社」と記入。
担当者名は住所より大きめの字で中央に書く。
会社・部署に送る場合は「御中」を、個人に送る場合は「様」を付ける。※「御中」と「様」を同時に使わない。

<例>
・採用担当が佐藤さんだった場合
 「株式会社○○ 採用ご担当 佐藤様」
・相手の名前がわからない場合
 「株式会社○○ 採用ご担当者様」
・人事部に送ることになった場合
 「株式会社○○ 人事部 御中」


3.書類であることを示す

左下に赤の油性ペンで「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」と記入。四角で囲っても囲わなくてもOK!



封筒の書き方の基本 裏側

4.差出人

裏側の中央、もしくは左下に自分の住所・氏名を記入。中央に記入する場合、中心のラインより右側に住所を左側に氏名を書く。氏名は住所より大きめの字で記入。


5.日付を記入

ポストに投函する日付を左上に記入する。
(応募書類も同じ日付になる)


6.書類を封筒に入れる

書類の記入面と宛名面が同じ方向になるように入れる。書類を封筒に入れる順番は
添え状(送り状・送付状)
履歴書
職務経歴書


7.封をする

のり付けをし、封筒を閉じた後に「〆」マークを封をした境の中央に書く。


8.切手を貼る

切手は1〜3枚に収まるように貼ろう。
料金不足にならないように注意。


封筒に履歴書を入れて持参する

面接当日に履歴書などの応募書類を持参する時は、クリアファイルか封筒に入れて持って行くようにしましょう。書類を封筒に入れて封筒ごと手渡す場合は、以下に注意して準備しよう。

・書類を折らずに入れることのできる白い封筒に入れる。

・封筒の表は住所・宛名は記入せず、裏には自分の住所・名前を書いておきましょう。

・直接届けているので送り状は不要。封筒と書類の向きを合わせて履歴書、職務経歴書の順番で入れる。

・すぐに見てもらえるように、のり付けはしないで封を閉じる。

封筒を相手に渡す時には必ず、相手が文字を読む向きにあわせて渡そう。自分から見ると逆さまの状態になる。


>> メールで問い合わせや返信をする場合